Loading..

新着情報

ホームページ制作やウェブに関する情報をお届けしています

さまざまな決済方法

2021年08月02日
新着情報

ネット通販が一般的なものとして浸透してきたことにより、今では様々な支払い方法が登場してきています。
どういった支払い方法を導入すべきかを考える必要があります。詳しくご説明します。
それぞれの決済方法のメリットデメリットを紹介します。

.レジットカード決済
ネットショップの支払い方法の中でも主流の決済方法

メリット
購入者は現金を持たずとも商品の購入ができ、またクレジットカードにポイントがつくところが魅力。決済が素早く行われるので、ショップ側も安心して商品の出荷ができる。

デメリット
導入や審査に時間がかかり、月額費用や決済手数料を支払う必要がある。


代金引換
配送業者が商品を届けに来た際に、その場で代金を支払う方法

メリット
誰でも使えること、支払いと同時に商品が渡されるため確実。ショップ運営者にとっても確実に代金を回収してくれる。出荷にもすぐ対応できる。

デメリット
購入者は現金を用意しておかないといけない。家にいないといけない。受け取り拒否などの場合、こちらで返送費を負担する場合がある


6箙埒狭
ネットショップ側が指定した銀行口座に購入者が銀行もしくはATMから振込支払い方法

メリット
ECサイト側で手数料がかからず、代金未回収のリスクがない。

デメリット
入金確認に手間がかかり、確認できないと商品の発送ができない。


じ緤Г/コンビニ払い
購入者が購入後、サービス提供後に指定された期日までに、コンビニ払いや銀行振込などの方法で代金の支払いを行う方法。
※商品を販売するECサイトでは、支払いの際に購入者IDや金額などの情報を決済代行会社に送信して支払
いの可否を確認します。

メリット
後払いサービスを導入すればクレジットカードを持てない学生や専業主婦なども取り込むことができる。

デメリット
購入者が未払いの状態だとお店に代金が入金されないケースがある。


ゥャリア決済
NTTドコモ・au・ソフトバンクなどの携帯電話やインターネット回線などの通信キャリアと契約している利用者が、通信料金と一緒にネットショッピングなどの代金を支払う

メリット
購入者は現金を持たずとも商品の購入ができ、またクレジットカードにポイントがつくところが魅力。決済が素早く行われるので、ショップ側も安心して商品の出荷ができる。

デメリット
クレジットカードと違い、IDと4桁の暗証番号を入力するだけなので、決済が簡単。ゆえに利用者が商品やサービスをほしいと思った瞬間に購入してもらえる可能性が高く、衝動買いのニーズにもうまく対応できる。


ε纏匏荳僖機璽咼
決済サービスのアプリをダウンロードし、そのアプリに自分のクレジットカードや銀行口座を紐づけて、支払いを行う方法。
(例)PayPay・LINEpay・楽天ペイ・Origami Pay・Apple Pay・amazonpay

メリット
幅広い層、特に若い世代の客層を取り込める。決済が簡単なので、購入者のかご落ちを防げる。

デメリット
まだまだ利用している人が少ない。


いかがでしたでしょうか?
いろいろな決済方法がありますがそれぞれメリットデメリットがありますね。
じゃあ一体どれにすればいいのという事で導入しておきたい決済方法にランキングをつけました。

導入しておきたい決済方法は、

1位 クレジットカード決済
2位 後払い/コンビニ払い
3位 代金引換

ネットショップでクレジットカード決済の利用率は、圧倒的に多いので、導入は必須。希望する決済方法がない場合は約70%の方がサイトから離脱してしまいます。全ての決済方法を導入するのも時間と費用が掛かってしまうので、客層を考慮して、取捨選択しないといけないですね。

ホームページに関するお問い合わせ
ご相談などはこちらから!

お問い合わせをする

お客様に合ったプランをご提案します!

福井県内は無料で訪問!直接ご案内します。県外のお客様も初回ヒアリング無料です!
「まず何からはじめれば...」という方でも大丈夫!なんでも聞いてください!

お電話でのご相談

営業時間:平日9:30〜18:00